コンサルティング

コンサルティング
コンサルティング

研修について接遇写真



人手不足の昨今、新人の時に満足な研修を受けることなく、いきない現場に放り込まれます。あとは、先輩スタッフの仕事を見よう見まねで覚えます。利用者さまや患者さまへの先輩のことばづかいが慣れなれしいと感じつつも、徐々に慣らされていく・・・。

そんな現場を改善させます。

 こんな職場ではありませんか? 

○ ここ1年以内に1割以上の職員の入れ替わりがあった
○ スタッフの会合(食事会)に参加率が低下している
○ 役職者に反発しているスタッフがいる
○ 法人の理念を言えないスタッフが多数存在する
○ 来客にあいさつしない
○ 新卒採用のエントリーが少ない
○ 人に嫌われたくない思いが強く部下を注意できない
○ ことばづかいが乱れてきた

4つ以上当てはまれば要注意です。

期待される成果

しのコーポレーションは、接遇は知識ではなく、行動と考えています。介護・医療現場においては、接遇の知識は身についたけれど、どうすれば実践することができるのか、研修を受けて「気づき」を促すことはできても、なかなか定着しません。マニュアルを徹底しようとして委員会のメンバーが風紀委員化していませんか?活動をして楽しいですか?
確かに、マニュアルは職員の質をある一定レベルに持っていく、または保つためには有効なツールです。しかし、マニュアルどおりに実施してご家族や利用者さまや患者さまに感謝をされることはあっても、感動を与えるまでには至りません。感動はマニュアル以上のことをしたときに生まれるのです。
接遇は心のお仕事です。『利用者さま、患者さまと共に最高の喜びを創る』ためには、職員一人ひとりのモチベーションを維持していくことが不可欠です。
しのコーポレーションでは、モチベーション作りのお手伝いをいたします。

1.PDCA法により、自ら解決できる力が身につく。
2.利用者さま、患者さま、ご家族の満足度が上がる。
3.離職率が低下する。
4.スタッフのことばづかいが良くなる。
5.目指す方向が分かる。

 

活動の流れ(行動レベル)

活動の流れ
費 用 費用はご相談に応じます

※自宅から開催場所までの交通費および宿泊費は実費にてご負担いただいております。

カレンダー

2017年8月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る