» 未分類のブログ記事

整う時間を持つ

| 未分類 |

1月21日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今年は雪が断続的に降り続き、毎日の雪かきで体力がつきます。コロナ禍で出張がないことのメリットは、①早めに就寝しますので、朝は5時半に目が覚める。②時間に追われないので、ゆっくり犬の散歩ができる。③食事が規則的に摂れる。④好きなことができる時間の余裕がある ⑤自分の暮らしを顧みることができる。 とにかく実に健康的な日々を過ごせます。

先日、無事、和食と洋食のテーブルマナー講師資格を取りました。毎年、新しいことに挑戦するのですが、去年は一つ資格を取るのが目標でした。思えば、師である奥田理恵先生との出会いは、何年も前になります。ホームページを見ているうちにお目にかかりたくなり、レッスンを申し込んだのがきっかけです。

マナーは航空会社にいる頃に、ある程度のことは自然と身につけていますし、細かい部分は書店で本を買う、ネット動画を見るなど知識を得る機会は多くあります。わざわざ習いに行く理由は一つです。師が素敵な女性であることはもちろんのこと、自分がなりたい、目標とする女性の傍にいる、接点を持つことで得るものも大きく、刺激をもらえるからです。

自分がどういう空間で過ごし、何を食べて、どんな人と関わりを持って、どんな暮らしを選ぶのかは、自分を整えることにつながります。のちのちこの資格も何かにプラスをしたビジネスの一つとして生かしていきます。

ファーストフィニッシングスクール公認講師資格を得ました。

昨日は、一日、お店のホームページ用古道具の撮影日でした。私は古民具に添えるお花の担当です。古箪笥はもとより、昭和初期や江戸時代の看板がいくつもあり、見てるだけでも楽しい時間です。昔の良き時代の古いものが、再び大切に使われお店の彩りになったり、癒しの空間になったりするのですね。

ホームページ用の撮影場面です。シンプルに古民具だけ撮ります。
店長からレイアウトなど好きなようにして良いと任せてもらい、二人ではしゃぎながらの撮影でした。
インスタ用の撮影は、花を添えます。文机と寒桜。
今ではお目にかかれない貴重な看板ですね。

我が家の梅の木も家の中で育てていたせいか、先日開花し、ほのかな香りとともに部屋を癒してくれています。

外は大雪、家の中では春来るかな。

新年を迎えました

| 未分類 |

令和4年 1月10日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末から降り続いた雪が、積雪1メートルを超え毎日の雪かきが大変です。柿が豊作の年は、雪がたくさん降ると滋賀県の人は言いますが、その通りでした。

琵琶湖沿岸に降った雪景色は美しゅうございます。

皆様は、冬の桜をご存じですか?真冬に花を咲かせる桜の木です。昔、清水寺に行く途中で見た記憶があったのですが、近くの道の駅で見つけました。桜は春と思っていた私には、衝撃でした。春先に見る桜と冬に見る桜とでは、やはり、枝に勢いがないような気がするのは、思い込みでしょうか・・・。

道の駅で見つけた冬の桜です。

弊社は4日から仕事初めとなりました。まずは、長浜市のホテルにて打合せでした。介護医療の現場は、人手不足でも業務は待ってくれません。形を変え、方法を変え、時間を変え、場所を変え、試行錯誤の毎日ですね。

長浜旧ロイヤルホテルにて、打ちあわせ。

そして翌、5日は、三重県の病院にて接遇マナー研修を致しました。特養、老健も併設する大きな病院です。半年くらい前から電話とメールでの打ち合わせをさせていただいた法人様です。いつもの研修に加えて、追加ご依頼項目が以下3点ございました。

・ 医療、介護現場を取り巻く状況 ・ なぜ接遇の向上が必要なのか  ・なぜ全員が接遇研修を受けなければならないのか 

研修開始1時間ほど前に、病院に到着し、院内と老健をラウンドした後の研修は、久しぶりでございましたが少し疲れました。玄関までのアプローチの庭も美しく、建物の中もゴミひとつ落ちていない、素晴らしい法人でございました。


先日、検査のため市内の病院に参りました。以前はなかったのですが、待合室に車椅子専用のコーナーを設けていたり、血圧測定器の横に、カバンを置く棚があったりと、患者さんのための工夫が見られました。血圧測定器で測る患者さんの姿(コート、杖、カバン)を見ているか、もしくは、姿が浮かべば、おのずとコートやカバン置きが必要と気がつきます。以前、こちらの病院の看護師の方2名が私の研修を受けに来て下さいました。嬉しい限りでございます。

ちょっとの優しが嬉しい。ちなみに私の杖ではありません・・・。

今年はどんな文字?

| 未分類 |

12月30日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今年もあと一日となりました。今年を一文字で表すとしたら、どんな文字だろうと考えてみました。真っ先に浮かんだのは“暮”です。

自宅で仕事をする時間が増え、自分がどういう空間で過ごしたいかを考えることが必要となりました。そんな時、偶然、古本屋で見つけたインテリア雑誌の中の一行に目が止まりました。『家は、暮らしのギャラリー』なるほど~。

古本屋で見つけたインテリア雑誌に、ヒントを。

どんな家具に囲まれ、どんな空間に身を置き、どんな花を飾り、どういう暮らしを楽しむのか・・・。

それが自分を大切にすることに繋がります。自分が身を置く場は、自分がいたい場所です。ホテルライクのようなすっきりと片付いた空間に、余白を持たせながら、好きなものだけを厳選する、自分らしい暮らし方を見つけたこの一年でした。来年はどんな文字になるのか楽しみです。

お気に入りの仏像に見守られ、仕事もはかどります。

今日も朝、昼、晩と雪かきでした。雪で埋まった低木の紅葉と牡丹付近を掘っていますと、十年以上育ててきた牡丹の木が根本からボキッと折れていました。毎年GW頃、真っ赤な大輪の花を咲かせてくれていた牡丹です。残念です。

“新七福神”おめでたい名前です。

早速、近くのホームセンターで牡丹を購入しました。赤と紫色。春になったら、庭に植えて開花を楽しみにします。

大雪の朝

| 未分類 |

12月27日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


日曜日から降り続いた大粒の雪が、朝を迎える頃には、積雪70㎝ほどになっておりました。もともと積雪の多い地域ではありましたが、これほどまでの積雪は滋賀県に引っ越してきてから二度目の経験です。

2階からの26日朝の様子です。
27日の朝の様子です。子どもの頃に読んだ絵本の世界です。
27日の午後の様子です。

年末まで毎日雪かきの日々でございます。

イブは温泉宿へ

| 未分類 |

12月24日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今年の出張は終わり、のんびりと県内の長浜市にある「ペットと一緒に泊まれる宿 須賀谷温温泉」へ参りました。ここでも昨日に続き、ラッキーなことがございました。

いつもより食事が豪華だなと思って食べておりました。その後、「お食事を間違えてしまいました」と仲居さんがお部屋に入ってきた時には、すでに前菜も終え、近江牛のしゃぶしゃぶもしっかり口の中・・・。早くに私が気づけばよかったものを、お風呂に入り、食前酒を呑み、頭が回らない状態の私。

会席料理の前半分です。

今日は満室で仲居さんも慌てた様子でしたが、しばらくして再びお部屋に入ったきた時には、「大丈夫です。どうぞ、召し上がって下さいませ。本日はクリスマスイブですので、お食事のグレードアップということで笑」とおっしゃって下さいました。

会席料理後半分です。
食事中はじっと傍で待つきなこ。

下膳後は、「本日は、こちらの手違いでバタバタとしてしまいまして、申し訳ありません」と手土産まで下さいました。気がつかなかった私にも落ち度があるのに、グレードアップの食事とお土産付きの宿はラッキーでございました。

最近、ラッキーなことが続いています。良い年の瀬になりそうです。

ラッキーなこと

| 未分類 |

12月23日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


先日、お世話になっている方から、Lupiciaのお紅茶の詰め合わせセットをいただきました。いろいろな種類の珍しいお紅茶が入り、ご近所さんとのティータイムによくお出しするものです。私のお気に入りのお紅茶も多く入っています。

全部種類が違います。

昨日、なぜか、同じお紅茶の詰め合わせが届きました。何でも、前回届けた商品に不備があったとのこと。同封された文面を見ますと、専用の紙のケースに入れるのを忘れたようでした。たったそれだけのことで、まったく同じ商品を再送して下さったのです。商品自体に不備があったわけでもないのに、同じ物を送ってくれる心配りは、さすが、Lupiciaさんです。神対応です。

これが専用ケースです。別になくても支障はないのですが。

神奈川県へ出張

| 未分類 |

12月22日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今日も、車窓から雲一つとない富士山が顔を見せてくれました。仕事の合間をぬって、登山をしたいと思っております。山頂からの景色よりも何よりも道中の樹海やコケのにおいや、木漏れ日を感じながら、普段お目にかかれない高山植物や小動物の生きている様を観察し、ゆっくりと低山を登るのが目下の夢です。

山頂付近に雲がない姿は、久しぶりです。

偶然、新幹線の中でお知り合いになった年配のご婦人が、和歌山の熊野古道と登山の帰り道で、いろいろ登山のお話を聞くことができました。これは引き寄せの法則なのでしょうか。まずは、靴から揃えなさいとのアドバイスをいただきました。「人間が衰えるのは足から。足をしっかり守る靴を買いなさい」と。私の持論も、歯と足の丈夫な人はいくつになっても元気ですので、やはり何事も足が基本のようです。


夜は辻堂のテラスモールでショッピングです。店内のショップ一つひとつの商品棚の配列が広く、キャリーバッグを持っていても、他人に迷惑をかけることなく、商品をじっくり見ることができます。人気があるのはそれなりの理由があるのですね。

青を基調にしたライトアップ。

翌日、仕事を終えて、夜に再び、新幹線で帰ります。この車中で、ビジネス書を読んだり、自分の仕事の振り返りや報告書を作成する時間に充てます。そろそろ来年の目標を立てる時期でもあります。ワクワク楽しめる目標にしよう。

いつものひかりで帰ります。たまに、間違えてこだまに乗ってしまいます。

翌日、お世話になっているお店から「クリスマス用の飾り付けが何かあるといいなあ」と伺い、作ってきました。ついでに花入れも。食事にいらっしゃるお客様がクリスマスを感じて下さるとありがたいです。

その辺にあるもので作ったクリスマスツリーです。
マユミという名の花です。

12月14日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今日は、滋賀県内の施設にて、中堅職員研修を実施致しました。

入職してからずっとうまくいっていた職員が、中堅になり部下を持ち現場を動かしていく立場になると、うまく仕事を回せなくなることがあります。それはなぜでしょうか?

一つは“経験値”です。 業務を続けていく中で、慣れていき、 出来るようになっていくという成長の度合いです。しかし、この成長だけですと、現場を動かしていくにはまだ足りないものがあります。

それは、「人を動かす、まとめる、やる気を出させる能力」です。
中堅職員になり役職に就いた途端、上手くいかないのは、これまでは経験値で何とかなっていただけです。そんな事態を引き起こさないためには、 どのようにチームをつくる力を高めるか、 どんなスキルが必要なのかを習得していただく内容でした。

休憩タイム。
“モチベーションをつくる” ワーク中です。

途中、ゲームを入れながら、6時間めいっぱい努めさせていただきました。部下と上司の間の潤滑油とされる中堅職員の役割は大きなものです。うまく育っていって欲しいものです。

11月30日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


先週は、神奈川県に出張しておりました。祭日と紅葉シーズンが重なり、京都駅も観光客で混雑していました。人の流れが戻ってきたようです。行きの新幹線の車窓から、富士山の頂上が顔を出していました。一年ぶりくらいでしょうか。コロナ禍で出張が少なくなったり、いつも曇りの日なのか、富士山の山頂を見るのは久しぶりのことです。

奇麗な富士山を見ることができて良かったと思っているところへ、通路を挟んで座っていた親子連れの男の子(小学1年生くらいかな)が「あ、富士山が見える!」と嬉しそうにしていましたので、少しの間、富士山側の席をお譲りしました。「富士山、見える?」と聞くと「うん、見える!」と元気な返事が返ってきます。子どもにとっても富士山は特別な思いがあるのですね。旅の途中の良い思い出につながると良いなと思います。

なだらかな山裾が美しい

私はその親子は東京まで乗っていくのかと思っていましたが、なんと小田原駅で降りるではありませんか。ということは、日頃から富士山を見る機会があり、少なくても私より、見ていることは間違いありません。「いつも富士山を見てるんちゃうんか~」と言いたいところですが、まあ、いいか。


夜は友人と食事をしながら、最近の楽しかったことなどを語り合いました。嫌なこともしんどいことも笑い飛ばす術を身につけたこの年齢だからこそ、話題は尽きないものです。


翌日は、接遇のコンサルティングです。朝、ホテルの窓から遠くに江の島が見えました。昨夜は遅くにチェックインしましたので、気づきませんでした。鎌倉にもまた行きたいものです。

江の島。サザンの歌によく出てきますね。

午前中は、各施設からの活動報告とアドバイス。午後は、施設のラウンドとチェックです。

中庭と採光にこだわった施設。穏やかな空間です。

さて、本題に入ります。職員のことば遣いが乱れる理由はいろいろございますが、最近、気になっている現象をお伝えします。それは、返すことばの雑さです。たとえば、入浴ケアでお誘いするシーンで、「お風呂に行きましょうか?」と丁寧語で声掛けをしているのですが、お客様(利用者様)が「いつ行くの?」と聞くと、職員は「今から行くよ」という風に、急に友達ことばになってしまうのです。食事のシーンでも「お下げしましょうか」の次が「これ、残ってるよ」と二言目が急に雑になるのです。不思議な現象です。

丁寧語とは「です」「ます」調を言いますが、常に丁寧語が基本です。二言目や返しのことばも丁寧語でお伝えしましょう。

帰りの新幹線の車窓からも夕暮れの富士山が見えました。今年中にきっと良いことがありそうです。


今週のお店に生けた花たちです。

「好きなように生けて下さい」と言われていますので、気が楽です。花材は自宅で咲いているものばかりです。

11月17日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


先日のフランス式テーブルマナーレッスン(京懐石)に引きつづき、今回は和食のテーブルマナーの講師レッスンを京都のブライトンホテルで受けて参りました。

靴の脱ぎ方、揃え方から始まり、座布団の作法、襖の作法なども含め、たっぷりと美味しい懐石料理をいただきながら、学んできました。

京懐石です。何ともいえない御出汁の優しい味でした。

和食のマナーは仏教思想と密接なかかわりを持ち、長い年月をかけて受け継がれてきたものです。所作一つひとつの理由に納得です。最後はお抹茶のお作法で終わりです。

師の奥田理恵先生と。

これから「指導要領」の教本を作ります。早くて一週間でしょうか。学んだことを忘れぬうちにコツコツと仕上げます。


今日の犬の散歩コースです。もみじの木が多いのですが、緑が黄色や紅色に徐々に変わっていく姿は美しいものですね。やはり私は紅色が好きです。

陽当たりの加減でしょうか。同じ一本の紅葉の木なのに、黄色に染まったり赤に染まったり・・・。

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ