» 2012 » 9月のブログ記事

台風の中長野へ

| 未分類 |

9月30日
朝6時に起きるつもりが、目が覚めたら9時半。
しかも愛犬に起こされた。
急いで準備をして家を出る。

JR京都駅の新幹線乗り場は早めに移動する人で
ごった返していた。
名古屋から『特急しなの』に乗る。
「次の特急しなのから運休します」と
アナウンスがあった。間に合って良かった。

渓谷を見ながら3時間。午後4時に長野に
到着。駅前の新しいホテルに泊まる。
このホテルはレディースフロアーがあり
室内もしゃれた作りになっている。

坂本先生も心配して連絡を下さった。
早めに食事を済ます。
今から、パソコンに向かい仕事だ。

台風で被害がないことを祈る。
明日は晴れる。1日研修、頑張ろう。

9月29日
今日は、「クレーム対応」の1日研修。
このテーマでは、まだ2回目の実施である。

演習を多くしているので、スピーディに進めなくては
いけない。参加される方が体感しながら、理解できるよう
カリキュラムを組んだ。楽しそうに、前向きに受けて下さる。

私の中では、まだまだ改善したい点がある。帰りの新幹線の中で
一人反省会とプレゼンの手直しをする。即、現場に生かせるもの
をもっと増やしていこう。いろいろ思案している間に、京都に
着いた。

久しぶりに自宅に帰るも、明日から長野に出張する。
台風も近づいている。善光寺に行こうと思っているが
暴風雨だと先日の高知の二の舞。ホテルの人が止めるのも
聞かず、外に出て看板が飛んできた。

台風でも行く。そう決心して天候を祈る。

明治神宮へ

| 未分類 |

9月28日
東京へ移動。
お世話になっているアンビシャスの小茂田さんと、東京が誇る
パワースポット、明治神宮へ。お互いパワースポットには関心
がある。

鳥居をくぐると、空気が凛と張りつめる。
マイナスイオンというものか。
境内の手前で人だかりが・・・。傍にいた年配の人に聞いた。
「今日は、何かあるんですか?」すると「あんた。もうすぐ
日馬富士があそこから出てくるんよ」と前の建物を指さす。

5分ほど待っていると、時の人日馬富士が出てきた。
横綱の奉納土俵入りだ。ラッキー。
ナマ日馬富士は眼光するどく風格があり、オーラもあった。
偶然ではあるが、こんな記念すべき日に来れて
感謝だ。

次に、清正の井戸。湧水が滞ることなく碧く神秘的だ。
手をかざしてパワーをもらう。人気のスポットであるが、
平日ということもあり、並ばずにすんだ。これも感謝。

お詣りを済ませ帰ろうとしたら、また、人だかりだ。
行ってみると、「お嫁さん」が通っていた。
そうだ、沢尻エリカさんもここ明治神宮で式を挙げた。

日馬富士、清正の井戸、神社の大楠、花嫁さんと
縁起の良いものづくし。
これで、私のパワーも満ちてきた。
明日のセミナー、パワフルにいきたい。

9月26日
カーテンを開けたら富士山が綺麗に見える。
さわやかな秋の一日だ。

10時前に施設に入り、K介護課長と打ち合わせ。
彼女はいつも熱い。彼女の一言で職員が締まる。
頼もしい管理者だ。

午前中は、指導者から活動報告を聞いてアドバイス。
頑張っているのが分かる。
午後は現場入り。排泄介助のチェック、利用者様の様子
スタッフの動きや表情、施設環境をくまなくチェック。
気が付いたところはすべてデジカメに撮る。
家族目線で、施設を観て廻る。

16時半から指導者へ現場巡回の画像を見せて
今後のアドバイス。
19時から職員への全体研修。
まず、法人の役職者が書けるかどうかのテスト。
それとコスト意識の確認からスタートだ。

次は、挨拶の距離感とタイミングの実技をした。
仕事終了後の研修にもかかわらず皆元気だった。
施設長自ら実技に参加して下さる。
最後に、写した画像を見せながら説明をする。

若いスタッフが多いので、経験値はないが、介護技術の知識はある。
排泄介助も丁寧にしている。この日も排せつ介助の研修をしていた。
画像は悪い事例を主に写してある。要は誰がそれをしたかではなく
その場面を見たご家族や利用者様がどういう思いをするかを考える研修だ。

接遇は、こころのお仕事。だから、人の想いを考えてもらう。
こちらの施設は伸びる。私の直感だ。

今夜は静岡のホテルに泊まる。着いたのが22時半ごろ。
そのまま、最上階のラウンジへ。
夜景の見える窓側の席でカクテルを1杯いただく。

そして、一日の振り返り。
今日は何を学んで、何に感謝できるのだろう。

9月25日
特養の副主任クラスの方へリーダーとして
身につけていないといけない「ビジネスマナー」
全般の確認と実技を実施。

こちらの法人は、職員教育が行き届いている。
受講態度もさることながら、吸収が早い。
実技も1回でクリアーする。

一番時間をさいたのは「名刺交換」だ。
介護現場のスタッフは、普段名刺交換をしていない。
戸惑いながらも要領をつかんでいる。
今回は、テーブルマナーの椅子の座り方やナフキンの
使い方のカトラリーの説明もする。

お昼は、M氏と一緒に職員育成の話をしながら
いただく。仕事のできる男性は、1話せば10伝わる。
今後、役職者の職務分析が必要ということで合意した。

ホテルに戻り温泉に浸かりながら今日を振り返る。
明日もパワフルでいれるよう、自分に力を入れる。

移動日 三島へ

| 未分類 |

9月24日
今日から4日間三島に滞在する。
特養のアドバイザーの仕事だ。

新幹線の中で、パソコンで資料作成。
三島のホテルに14時着。部屋にこもり研修の
資料を先方にメールで飛ばす。続いて
明日の予習と別の研修資料の作成。

あっという間に夕方になる。一段落したら、外に食事に出る。
ホテルに戻り、最上階の温泉に浸かる。まだ6時だから人が少ない。
仕事で温泉に入れるなんて、こんな幸せなことはない。
部屋に戻り、再びパソコンの前で仕事の続きだ。

仕事は追っていく。追われたら自分を見失う。
そして眠る前は体をほぐすためのストレッチと
自分と会話をする。
明日、明後日の施設は、やりがいのある施設だ。

組織がしっかりして、職員教育も行き届いている。
どこまで伸ばせるか、私も楽しみながら仕事をさせて
もらっている。こちらの法人に感謝だ。

9月22日
大井町にて一日研修。
最近、同業者(マナー講師)の受講が増えた。
一目みてそれと分かる。

介護スタッフの中、きちんと両足を揃えて受講
していれば、間違いなくマナー講師だ。

「同業者お断り」のセミナーも多いが、私は
受け入れる。接遇は介護現場に本当に必要なことであり
どんどん広めてほしいからだ。

ただ、排泄介助を一度もしたことがない、ロウ便行為を
見たことがないセミナー講師が「介護現場は人が少なく
大変です」と言っても、伝わらない。
だから、同業者がいる研修は、介護現場の話を
具体的に話す。

研修終了後、小茂田さん(アンビシャス社長)と
打ち合わせだ。彼とは、仕事の相談もできるし、
ノウハウも教えてもらっている。
私が「同業者がまた来てましたね」と言うと
「一人でも多くの人に伝えたいからセミナー講師に
なったんですから、いいではありませんか」と言った。

彼は意見がブレない。先日、「一流の男、二流の男」という
本を読んだ。その差は「信念があるかどうか」と書いてあった。
食事に対する信念、仕事に対する信念、女性に対する信念。

帰りの新幹線の中で、自分の信念を書き出してみた。
最近、仕事に追われ見失っていた自分が分かった。
スイッチを切り変えよう。来週も立て続けに出張が入っている。

楽しみは、パワースポットよ。遊ぶ時間は作るもの。
空いた時に行こうと思っていたら、行けない。
友人が「あんたの信念って、遊びが先なん?」
するどい・・。来週は、来宮神社(熱海)と明治神宮よ。

東京へ移動

| 未分類 |

9月21日
15年来の友人と川崎で待ち合わせ。
私の顔のバンドエイドを見て「どうしたん?それ」と聞く。
おちょこ3杯で酔っ払い、お風呂場で顔面を打った話から
始まる。

駅前のショッピングモールの中を歩く。彼女が急に
「最近のプリクラって、すごいんやで~。きれいに
写るらしいで~」
そこで、私は彼女に聞いた。「このバンドエイドは
写真に写るん?」すると「大丈夫や、加工できるし・・」

さっそくトライ。彼女が「操作できるかな」というのを
私は「そんなもん、高校生ができるのに、私たちにできないわけが
ないわ」と。

ところが、お金を入れるところが分からない。見つけてコインを入れようと
するが、入り口が小さくてうまく入らず、コインは床に・・・。
やっとコインを入れてスタート。

タッチパネルだ。コースを選択する。「コースって何?」と言ってる間
に、「あと5秒です」と機械が言う。そして勝手に選択される。
次は、仕上がり写真の選択だ。数種類あって、わけわからんわ。

写真を撮ったら、隣の機械に移動して写真に落書きをしろと機械が
指示する。余計なお世話だ。
ああだこうだと言いながら、やっとの思いでプリントアウト。

結局、加工や修正は分からず、私のバンドエイドはそのまま写った。
こんな難しい機械を操作できる高校生は偉い。

9月17日
パネリストの名札を受付でもらい、会場に入る。
大学病院のドクターたちが、難しい内容のプレゼンを
している。思ったより大きな大会だ。

運良く、私はメイン会場の隣の専門学校の会場で行う。
事務局に事前に、講演ではなく参加型の
研修をすると伝えてあったので、こじんまりとした
教室を用意して下さった。気が楽だ。

午前中、3時間の持ちコマだ。
昼食は、大会の理事の方とご一緒にいただく。
その後、空港へ。

心配した台風も抜けたようだが、雨が激しい。
高知空港も天候が悪く「使用機が到着できない
場合は、欠航になる」とアナウンスがあった。
空をみると、確かに雲が低い。けど、プロペラ機なら
十分、滑走路は見える。欠航はないと判断しそのまま
搭乗口で待つ。

今日も飛行機はよく揺れた。CA時代にお客様からよく
「こんなに揺れて、怖くないですか」と聞かれた。
不思議なことに制服を着ると、全く怖くないのだ。
どんなに揺れようが、エンジントラブルが起ころうが
平常心でいられるのだ。

なのに、今は、機体が大きく揺れるたび私は思う。
「二度と、飛行機に乗るか」と。怖いのだ。

9月16日
台風が近づく中、高知入り。
全国の病院関係のシンポジウムが
ここ高知で開かれる。

事務局の方とご縁があって、講師として招かれた。
今夜はホテル内で懇親会。200人位はいたであろうか。
ほとんどがドクターだ。立食パーティなので
雰囲気もよい。

途中、和太鼓の生演奏があり、迫力ある音色を
楽しんだ。早めに会場を出た。コンビニに行くためだ。
出張の時は、必ずコンビニに立ち寄る。

フロントで近くのコンビニの場所を聞いた。
「お客様、風が強くて危険かと・・」
でも、おにぎりが食べたい私は、外へ出た。

強風と大雨。風に飛ばされた。行きは電柱で肩を打った。
帰りは、飛んできた看板で足を打った。
散々な思いでホテルの部屋に戻り、ルームサービスを見たら
「おにぎりセット」があった。

早く気がつけば・・・。

カレンダー

2012年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930