» 2012 » 5月のブログ記事

5月30日
今日は、一日半コース。
ゆっくりじっくり実技をたっぷり入れた
研修だ。

研修後、支部長さまが近くの観光に
連れて行って下さった。
神魂神社と今話題の八重垣神社。

島根には「縁結び」の神さまが多い。
この神社は良縁を占う『鏡の池』が有名だ。
何でも、和紙の上にコインを乗せて浮かべ
15分以内に沈めば早くに良縁に恵まれるらしい。

平日にも関わらず、若い女性が皆占っていた。
様子を見ていると、不思議とすぐに沈む人と
まったく沈まない人とが確かにいる。

私もトライしてみようかと一瞬思った。
が、すぐに気が付いた。
もし、15分以内に紙が沈まなければ
生きているうちに良縁はない。
そう、これは、若い女性が占うものだからだ。

足立美術館へ

| 未分類 |

5月29日
島根に入る。初めての土地だ。

前から行きたかった足立美術館へGO!
50000坪の数々の日本庭園、日本画の巨匠
横山大観、竹内栖鳳の絵を端から端まで
3時間半をかけて観て廻った。

宿は、温泉旅館「さぎの湯荘」。
10畳と6畳の広くのびのびした部屋に
貸切風呂、食事は部屋食と3拍子揃った
宿である。

念願の美術館にも行け、本物の日本画を
堪能した私は、部屋を一歩も出ることなく、
パソコンに向かい仕事を再開した。

ところが、女性の傷心一人旅と思ったのか、宿の人が
1時間おきに様子を見に来る。
「こちらの温泉は、昔、傷ついたサギが
傷を癒すために入ったという由緒ある
温泉でございます。お客様もゆっくり
傷を癒してくださいませ」とご丁寧に
宿の由来まで語っていった。

私は仕事で来ているのだ。
傷心ではない。

5月25日
こちらの法人さまとは、4年のおつきあいがある。
今日は、先日の初級コースに続いて
中堅職員対象の中級コースだ。

介護の現場の接遇で一番問題視されているのは
ことばづかいである。数時間の研修でどこまで理解
していただけるかむつかしいところである。

今日は、食事ケアにポイントを置いて
食事サービス時のケアを踏まえたことばづかいを
実践で行った。

今後は三大介護のことばづかいを中心に
していきたい。

5月23日
新宿にて、2時間半コースの研修。

5月21日
6月1日にオープン予定の新設特養。
職員の半分以上が、介護経験者である。

今日は中堅コースの内容に変更した。
題材は初級コースと一緒だが、考える視点を
変える。

久しぶりの梅田駅と阪急電車。
懐かしかった。

仕事とは

| 未分類 |

5月20日
よく「そんなに全国を飛び回っていてお休みはあるのですか?」と
聞かれる。

休みはない。だが、よく遊ぶ。遊びも仕事のうちだ。
遊ぶ時間をつくるために仕事をこなす。

今日は、執筆の一日だ。連載2件を含めて4社の原稿書き
をする。仕事とお金は天下のまわりものなのかと思う。

頑張って一つの仕事を終えると、次に仕事が入ってくる。
仕事を片付けないでいると、不思議と次の仕事は入ってこないものだ。

こなせばこなすほど仕事が入ってくる。
だから、休みはないのだ。

しかし、執筆は苦手だ。頭と気分のノリが左右する。
予定通りには終了しない。

次回から執筆は減らそう。確か、去年も誓ったような気がする。
「お願いします」と言われると「NO」と言えない。
自分の頭の乗りは悪いのに、人に乗せられやすい性質なのだ。きっと。

5月19日
昨日の地震と雷雨とはうって変わり今日は晴天。
全国に病院を展開する徳州会さまの一日研修だ。

私が、こちらの理事長である徳田虎雄さんの講演を受けたのが
19歳の学生の頃だ。迫力のある講義で、パワーをいただいた。

セミナー講師とは、受講生を元気にする職業なのだと知った。
それまで講師といえば、河合塾の先生しか知らなかった私には
衝撃的だった。

その徳田虎雄さんの法人の一つに、今度は私が講師として
招かれた。オープンして半月足らずの施設であるが、職員の
方は、よく笑顔も出て元気である。質問もあった。
非常に前向きである。

今日は、通常の接遇研修+指導のしくみについても
話をした。

何十年か前のご恩返しが少しでもできればと
そして、いつまでもこちらの法人が元気で
存続することを願う。

新幹線移動で・・。

| 未分類 |

5月16日
京都から名古屋への新幹線移動。ほんの1時間足らずなので、自由席で行くことにした。
ところが、思いもかけず満席である。

仕方なく、デッキに立つことにした。すると、50歳半ばのスーツを着たビジネスマンが
私のすぐ後ろに立った。デッキには私とそのビジネスマンだけだ。新幹線が揺れるたびに肩が触れる。

何でこんなに近くに立つのかと思っていたところ、揺れに合わせて、彼の手が私の臀部に当たる。
気味が悪くなり、他の車両に移動。

通りかかった車掌に、よせばいいのに私は言いつけた。すると
「デッキは暗いですからね~」。暗い暗くないの問題ではない。お尻を触られたのだ。

続けて車掌は「デッキは暗いですから、若い女性と勘違いしたんでしょう」。そのまま
去って行った。

友人に即刻話をした。「女性と見てもらえて、触ってもらって感謝すべし!」
私は知った。オバさんはたとえ痴漢にあっても、他人には話してはならぬと。

新潟に続いて長野

| 未分類 |

5月13日
久しぶりの長野である。
到着したのは、夕方7時過ぎ。
寒い~。薄着の私は、すぐホテルに入り
お風呂に浸かり、暖房を入れた。

翌日のセミナー。古希の方も元気に参加され
明るいムードでスタートした。

お昼は、古希の方のお手製の「うど」と「わらび」
の煮付けをいただいた。味がしっかりしみた
おふくろの味だった。

帰りは、『特急しなの』に乗り、
新緑の山中を流れる渓谷を眺めながら
帰途についた。

この2日間、いただいたものばかりだ。
感謝。

サプライズが・・

| 未分類 |

5月12日
セミナー参加の皆さまへの最初のミッションは
『褒める』。カードに参加者の名前が書いてあり、
自分が引いたカードに記載されている方の良いところを
10個書く。ただし、誰が書いたか分からぬように。

皆、お昼休みや休憩時間に書いている。
すると、セミナー終了1時間ほど前。
受講生の方が、「先生に、みんなからのサプライズです!」と
カードに、私への褒めことばがいっぱい書かれてあった。

いつ書いてくれたのか?
表には、明日のセミナー会場の長野までのアクセス方法が・。

感無量になった。温かいセミナーだった。
私の宝物が一つ増えた。

カレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031