» 2015 » 3月のブログ記事

決算月

| 未分類 |

3月31日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

3月は、弊社の決算月である。
税理士さんにお渡しする書類の作成に
追われる。
日々の管理は、パソコンでデータ入力を
しているが、交通費の精算やら領収書、
出金伝票、請求書など提出書類はいっぱいある。

過去の新幹線の領収書を見ながら、「そうや、
この時はお世話になったわ」と回想していると
あっと言う間に時間は経つ。
処理は、まだ半分も終わっていない。
だが、雑にしたくはない。
この一年のいろいろなご縁や出来事に感謝をしながら、
一つひとつ書類を作成していく。

明日からは、新任職員研修が始まる。
プレゼンの見直しもした。
新任職員といっても、学卒ばかりの場合と、他の施設
経験者が多い場合とでは、内容が大幅に変わる。
参加者の様子を見ながら、研修のカリキュラムを変える。

一年を振り返ることが出来る3月も楽しいが、新しい
出会いの年度初めも楽しいものである。

3月26日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

KIMG0419

こちらの施設にアドバイザーで入って
8ヵ月が経つ。朝10時からいつものように
現場をラウンドして、利用者さまと会話をする。
「ちょっと暖かくなりましたね」と利用者さまから
声をかけて下さる。人に関心があることは、
お元気な証拠である。

ナースステーションに立ち寄る。いつも笑顔で
たまに愉快なナースたちである。しばし、おなごの会話。KIMG0423

午後からは会議。これまでの活動内容と
実績を出してもらう。
施設で決めたことは皆が守るという良い土台が
できていたので、浸透も早かった。
委員会のメンバーの頑張りが他の職員に伝わり、
非常によい展開となった。

思えば、年間計画を立てた当初は自信がなさそうだった。
今では、やりきった感が感じられる。
何よりも彼らは、私のアドバイスや課題に「できません」
とは決して言わず、頑張ってくれた。

このメンバーならできると思ったことしか
課題に出さない。成功して自信がつけば、ますます伸びていく。
私と彼らとの信頼関係がなければ、成立しない。
この8ヵ月の積み重ねに感謝である。

これからも温かい現場を作ってくれると思う。
ホット安堵をしながら、新幹線に乗る。

沼津へ移動

| 未分類 |

3月25日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。KIMG0417

京都駅で新幹線の時間待ちをするため
駅構内の喫茶に入る。
私は、いつもカウンターに座る。
そうして、カウンターの中で働く女性
の動きを眺める。
彼女の動きには無駄がない。立つ時も
次の動作に移りやすいように斜めに
立ち上がる。

両手はいつも左右違う動きをする。
きびきびとして気持ちが良い。
駅の中なので、お客様の回転も早い。
環境が働く人間の動きを決める。

ゆったりとした高級ホテルの
ホテルマンの動きも良いが、私は
無駄のない洗練された動きから放たれる
緊張感が好きだ。

明日は、一日アドバイザーである。

3月24日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

DSCF6798

自宅から片道125キロ。車の方が便利なので
今日はマイカーで向かう。実家に近いこともあり
土地勘もあるので、揖斐川沿いの抜け道を通る。

今回は2度目のお招きである。前回、ラウンドの感想を
お伝えしたとき、院長先生が「今度、来ていただく時には
良くなったと思ってもらえるように頑張りましょう」と
おっしゃっていたことを思い出した。

また、お呼び下さり感謝である。
明るい風土で、外来者へのあいさつもきちんとなさる。
表情の豊かな職員が多く、基本的なことはすでにできている。
前半は第一印象(メラビアンの法則)と身だしなみ、後半は
拒否なさる利用者さまへのアプローチの仕方を行う。
短い時間でもあるので、ポイントをお伝えする。

演習の様子を見ていると、一人ひとり笑いのツボが違う
ことに気づく。若い職員が笑う話と年配が笑う話の違いだ。
なるほど~と感心する。
家に帰ったら、息子がテレビを見ながらお腹を抱えて笑って
いた。今、急上昇のお笑い芸人8.6秒バズーカーの
『ラッスンゴレライ』である。

息子がこれの何に反応して笑っているのか、さっぱり分からない。
「ラッスンゴレライって何ですの?」って私が聞きたい。
親子でも笑いのツボは違うことに気づき、お風呂の中で
ず~っとこのフレーズを口ずさんでいた自分に驚く今日この頃であった。

3月23日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

寒の戻り。風も強く吹き始めた。JRが
止まらぬうちに早めに家を出る。

DSCF6793

介護労働安定センター様からのご紹介の
施設である。小高い丘に建つコンクリート張りの
豪華な建物。エントランスを入ると、ガラスを
隔てた真向かいに滝が見えた。高級感あふれる
空気が漂う。

研修は、「現場の気配り」を中心にメニュー
を組む。普段のケアがいかに介護士本位のもので
あるかに気づいていただければありがたい。

帰路の途中に雪混じりの雨。
この冬最後の雪なのであろう。春が待ち遠しい。

3月18日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

KIMG0409KIMG0408

今日も参川さんが観光案内をして下さった。
まずは、私の希望で高知城へ。城壁の石の
大きさと組み方に興味がある。
攻めてきた敵が城門横の石の大きさで
城主の権力を知ったという。

 

気象庁が桜の開花宣言を発表する
標準木はまだつぼみ。しかし1本だけ
見事に咲く桜があった。ソメイヨシノとは
違い、花弁が重そうだった。
一足早い春を味わう。

次は、郊外の芋けんぴのお店へ。ついで
高速を走り、黒潮町の漁港へ冷凍かつおのタタキ
を買いに連れて行って下さった。腹と背があるという。
迷わず両方購入。

 

 

DSCF6784

18時から研修。2人ペアとグループ演習を
多く入れる。グループ演習ではハイタッチを
2人ペアでは、共感の演習をする。
実技では、高齢者の視界とコミュニケーション
をとる際のポジショニング。正面から対面するケースと
斜めから会話をするケースの違いを説明をする。

DSCF6783

院長ご夫妻自ら楽しそうに演習に参加して下さった。
職場のチームワークを大切になさるご夫妻の思いが
伝わる。
それは、職員の方の伸び伸びした風土で分かる。
私の質問に、いろいろな視点からの意見が出る。
温かい組織つくりをしていらっしゃる

終了後、2人でラーメンをいただく。疲れたあとに
まったりとしたスープは美味しい。
帰りは、今治まで送って下さった。
今回、参川さんから「観光付きでお願いできませんか」と
ご依頼をいただいたが、ここまで「おもてなし」をして
下さりありがたくも申し訳なくもある。

研修の準備物から連絡調整まで、周りの方が
いろいろご尽力して下さった。私の仕事は、こういう方たち
のおかげで成り立っている。
今夜もそのありがたさを噛みしめながら一日を終える。

この3月17日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

DSCF6767

自宅近くのJRが事故のため運行取りやめに
なった。何としても行かねばならぬ。運行
している駅まで車を走らせ、やっとの思いで
京都に着いたのもつかの間、空港バスの
発着場所が移転していた。

オーマイガー。走ってようやくバスに乗り込み、
伊丹空港発高知行きの便にぎりぎり間に合う。

DSCF6761

西田順天堂薬局さまは、去年に引き続き2回目である。
再びお招き下さり感謝である。
今回はバージョンアップ編。認知症の方は、
非言語コミュニケーションを使ってお伝えする
ことが大切であることをメインにカリキュラムを組む。
アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症
の対応の違いを事例をつかい説明をする。
ワークや演習も明るく良い雰囲気である。

KIMG0401KIMG0403
研修後、今回の仕事をご紹介して下さった
参川さんが、高知で一番人気の「明神丸」という
お店に連れて行って下さる。
かつおの塩タタキとうつぼのから揚げが私の
大好物である。ここでしかいただけない。
ちょっと酔った。

機内で読んだ本に「功徳とは、今、自分ができることを
一生懸命すること」と書いてあった。
それは、仕事は手を抜かずベストを尽くし、目の前にある
美味しいものをいただく。ちょっと違うか・・。
明日も高知で研修がある。ベストを尽くすわ。

2月13日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

DSCF6759

ナイト研修のため、自宅からマイカーで向かう。
のんびり下道を走り、伊勢市を通り抜けた山間に
その施設はあった。品のあるシックな建物である。

研修は19時スタートであるが、会場には3人の
利用者様が食後のくつろぎ中であった。
認知症の高度な方である。言語のコミュニケーションは
取りにくいので、空気感で対話をする。

DSCF6755

研修は、施設により精神論と方法論の割合を工夫している。
今日は、業務終了後21時までなので、体感研修を中心に
する。最後の3分は、短期記憶を長期記憶に変える演習。
短期記憶は20分で40%のことを忘れる。これを
長期記憶にすると明日の朝も覚えている。
習ったことのうち、明日から実施することを長期記憶に
変えてもらった。

皆様、パワフルに2時間びっしり受けて下さった。
とても前向きな姿勢に感謝である。

家に着いたのは、1時過ぎ。心地よい疲れである。

3月11日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

DSCF6741

東日本大震災から4年。
出勤前に1分間の黙祷。

会場は箕面にある。久し振りに千里中央駅に
降り立つ。昔と変わらぬ風景があった。
今日は4時間コース。毎年ご依頼をいただく。

事例の一つに、介護拒否を挙げた。
介護拒否は、介護士側の見方である。認知症の方
へのアプローチミスが原因であることが多い。
入室から利用者さまのベッドに向かうまでの
介護士の目の高さ、姿勢の低さや自分を認識
してもらうことの大切さ、触れるタイミング
などアプローチの手順を説明する。

してはいけないのが、抵抗する利用者さまの腕を
上から掴むこと。
これは「私はあなたより上です。私の言うことを
ききなさい」と言っているのと同じ行為である。
利用者さまは自分を守ろうとして、さらなる抵抗をする。

手を出すときは、下からそえる。
介護士の手は、あくまで利用者さまを支える手で
なくてはいけない。押さえる手であってはならない。

今日も声が枯れた。
関西で研修をするときは、話にオチを入れる。
その分がのどの疲れとなったようだ・・。

3月5日
いつも『しのぶろぐ』を訪問下さり
ありがとうございます。

DSCF6735

三島駅から伊豆箱根鉄道に乗りかえ終点の
修善寺駅で降り、そこから車で40分の
温泉地にある施設。

去年に引き続き1年ぶり度目のお招きである。
中高年の方のパワーがあふれる明るい風土の
施設という印象が残っている。

嬉しいことがあった。
前回は接遇研修と事務職対象の電話応対の研修を
実施した。その際、私がアドバイスさせて
いただいたことを実践なさっている。
全ての電話の横に対応例を置いて下さり、日々の
応対に活用していらっしゃった。

また、現場ラウンドでは、利用者さまの食事時の姿勢を
アドバイスした。座位保持がとれる方は、車いすから
椅子に座っていただくこと、両足のかかとがきちんと
床についていること、前傾姿勢をとっていただくこと、
利用者さまの下腿長に合った椅子であることの4点である。
こうして食事の姿勢をとれることで、排泄の姿勢も
とれていく。介護長さんが「アドバイスをいただいて
すぐ椅子の脚を切りました」とおっしゃって下さった。

DSCF6734

会場に入ると、老施協の接遇研修を受けた職員の方が
学んだことと自分が実践したことをプレゼンされていた。
習ったことやアドバイスされたことを皆で共有し、
時をおかず実践されている、知識を実践に移すことは
伸びていく施設の大事な要素である。
素晴らしい施設である。

DSCF6731

研修もとても前向きである。接遇ができていく順番や
何のためにコミュニケーションをするのか。
利用者さまとの非言語コミュニケーション、症例別
の共感など具体的なものも入れる。
研修後事務長さんが「すぐ実践できる内容でした」と
話された。
それは、こちらの施設の方なら、即、行動化して下さると
確信できるからである。
研修を終えて拍手をいただいた。私のほうが感謝の気持ちで
いっぱいである。ありがとうございます。

帰りは静岡まで戻る。
ホテルの最上階のバーでカクテルを一杯。
おいしいお酒だった。明日は5時起き。
はよ~寝なくては・・。

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031