» 2021 » 4月のブログ記事

違うことをしてみる

| 未分類 |

4月19日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


よく、「新しいことにチャレンジしてみる」と言いますが、「チャレンジ」ということばは、その先の成功イメージが頭によぎり、なかなか敷居が高こうございます。

そこで、チャレンジではなく、「違うことをしてみよう」と思い、自宅近くのお気に入りの古民家カフェで、空いた時間にお手伝いをすることにしました。最初は、お皿洗いや料理の盛り付けから始まり、それがとても新鮮で、料理の調理方法をお尋ねしたり、自宅で咲いたお花をお店に生けさせてもらったり、楽しく仕事をしているうちに、いろいろなことを任せてもらえるようになりました。

テーブルも古材使用のレトロな空間。
寒い日は暖炉をつけます。
お店には、古民具がずら~りと並んでいます。奥には、水屋箪笥がたくさんあります。
どれも職人さんの手書きの器。
見ていて飽きない空間です。お客様から尋ねられることもありますので、これも勉強です。
我が家の玄関の飾り障子は、先日、お店で買ったものです。

以前読んだ本に、中途半端な生き方をしている若い女性に、年配のリッチ女性が「これまでと違うことをしてみなさい。そうすれば、チャラになって新しい人生が開けていけるのよ」というセリフがあり、ずっと心の中に残っていました。カフェのお手伝いのご縁で、今度、コロナが収まったら、海外からのお客様の接待の仕事もあります。新しい人生とまではいかなくても、新たな環境の中に身を置くことができます。


今日は、お店が休みですので、お店で出すチーズケーキを作りに行きました。家で作るのと違い、材料もグラム数もぴったりと寸分違わず計り、レシピ通りに作ります。リピーターさんが多いお店ですので、味が微妙に変わぬよう神経を使うところです。

クランベリーのチーズケーキの焼き上がり♪ いつも通りに仕上がりホッ。

小一時間ほどで焼き上がり、帰りに、スーパーマーケットに寄りましたら、なんと、子どもの頃によく食べた(岐阜出身です)名古屋名物「しるこサンド」を見つけ、感動しながらさっそく買いました。

ビスケットの中に練ったあんが入っています。

「どえりゃ、おいしいでいかんわ~」と言いながら、パクパク食べました♪

本当は、生しるこサンドの方が絶品なのですが、ネットで調べましたら完売していました。残念・・・。当然、今日の3時のおやつは、小倉トーストでした。

4月6日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


先週の暖かさとは打って変わり、今週は肌寒く、スプリングコートを再びクロゼットから出しました。一か月振りに湖西線に乗ります。昨日は強風で電車が止まりましたが、今日は風も止んでホッとひと安心です。駅で電車を待っていましたら、久しく電車を使っていない間に、いつの間にか電車の塗装が変わっておりました。JRのビタミンカラーから元気をもらい、研修会場の京都に出発です。

京都の紅葉をイメージさせるデザインです。いつから走っていたのか・・・。

研修会場の横の公園のもみじの木。桜が終わり、季節の主人公は新緑に変わります。

本日は、毎年、講師としてお招き下さる社会福祉法人 京都福祉サービス協会さまの新任職員(学卒者)研修4時間コースでした。研修5日目で演習の多い接遇研修は、受講なさる方にとっては少しハードな時間なのですが、皆さま、演習を全てこなされました。ありがとうございます。

最近は、他人との距離感やコミュニケーションが取りにくい若者が多くなったと世間では言っておりますが、少なくとも、福祉業界の新任職員の方々は、人と接することへの苦手意識が少ないようです。バディを組んでの演習もスムーズに進みます。

伝える力の演習中です。おそらく、こちらが一番キツイ演習です。悩みながら頑張ってトライして下さっています。

どちらの新人さんも同じですが、敬語に慣れていないせいか、電話応対に苦手意識があるようです。電話応対などのビジネスマナーは形がありますので、言い回しをマスターすることで苦手意識は解決します。

電話応対で気になることば遣いです。

① 「~」の方。「田中の方は本日休んでおります」この場合の「ほう」は不要です。  正「田中は本日休んでおります」

② 「お名前を頂戴できますか?」。「頂戴」ということばは何かモノをもらうことに使います。人の名前はもらうものではありません。  正 「(恐れ入りますが)お名前をお聞かせ願えますか?」

先輩が間違ったことばを使うと、新人も間違って覚えてしまいます。ぜひ気をつけて下さいませ。

マナーと比較して、接遇は、ここのお仕事でございますので、形がありません。目に見えるものというより、心で感じるものですので、他人とのコミュニケーションスキルは、言語であろうが、非言語であろうが、高いものが要求されます。


今回は、「席次のマナー」もカリキュラムに入れました。ご家族を相談室や応接室にご案内する際に使います。上座下座の説明から始まり、練習問題は、「彼女と一緒に食事に行った時、どちらの席にあなたは誘導しますか?」と実生活を例にとり説明をした方が頭に残ります。皆さま、真剣に考えていらっしゃいました。その様子を見ながら「ふ~ん。彼女いるのね~」と思う私。

京都福祉サービス協会さま、ありがとうございます。新任職員の皆さま、大きく羽ばたいて下さいませ。


帰りは、清水寺に寄り、途中の坂で、お香と清水焼の小鉢を買う予定でおりましたが、あいにくの雨となりましたので、断念致しました。小鉢は、ネットでも買えますが、手触りや持った時の重さや色使いは、実際に目にした方が良いです。もう何年も京の街歩きをしておりません。京都は一人でも歩ける不思議な魅力のある街です。今年こそは、のんびりと着物を着て、古都歩きをしたいものです。

京都駅ビル内の本屋さんで英語のリーディングの本を購入し、CDを流しっぱなしにして耳を慣らすことに致しました。ひょんなことから外国人相手の英会話を要求される環境(仕事)が訪れ、急遽、慌てて学ぶことにしたわけです。お引き受けした以上は、やるしかないわ。福祉以外のご縁も最近増えて、ありがたいことに、忙しい毎日となっています。

この新メソッドに期待します。

4月2日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今回は、岐阜県海津市にて、新任職員研修5時間コースを実施致しました。昨年もご依頼をいただいた法人様でございます。

海津市は実家のある場所ですので、マイカーでいつもの道を走ります。途中、伊吹山のふもとにある道の駅に立ち寄り、母のお墓参りも済ませ、会場の施設に到着しました。

本日実施した内容の一部ですが、① 車椅子に乗っている人の心理 ② 客室乗務員のことばがけ ③ 接遇とビジネスマナーの違い ④ 電話応対 ⑤ 席次 ⑥ 敬語の使い方 ⑦ 接遇五原則(あいさつ、身だしなみ、態度、ことば遣い、マスク上の笑顔)⑧ 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション ⑨ 江戸時代の接遇 ⑩ サービス業とは何を売っているのか  ⑪ 食事サービスの意味 ⑫ なぜ接遇が必要なのか など盛りたくさんでございました。

マスク着用の研修は、声がかれます。

今年も元気で明るい新任職員の方々が集まり、ムードメーカーもいらっしゃり、まとまりのある素敵な新人さんでした。仕事は辞めたいと思ったところがスタートです。それぞれが現場に入り、良き先輩に誘導され、介護の仕事を天職と感じ、高齢者にも可愛がっていただく環境で育っていただきたいと願います。

本年も講師としてお招き下さりありがとうございます。


自宅近くの桜並木が満開を迎えました。今年は、桜を愛でる機会がたくさんありました。桜が終わると次々といろいろな花が待っていたかのように咲き始めます。新緑も楽しみです。

ず~と続く桜並木。

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930