7月24日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。

「とにかく分かりやすく接遇を伝え、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」の濱島しのぶでございます。


今回は、“問題解決手法”の中の「効果の確認」まで報告できる事業所さまも出てきました。

細かく分析しています
堂々たる発表です

問題解決手法を始めて10カ月です。① なぜそのテーマをするのか、いくつかの判断基準からテーマを絞り ② どのくらい問題であるのか現状を調べ ③ 目標を見える化する数値で決め ④ 問題の真の要因を洗い出し ⑤ 真の要因それぞれに具体的な対策を練り実施する。

この流れでの効果の確認です。効果の確認は、問題に対する確認と同時に、その問題を解決することで、高齢者の生活、暮らし、想いがどう変化したのかも含めての活動となります。

たとえば、テーマが「施設内のデッキにカフェを作ろう」であれば、カフェを作ることがゴールではなく、その先に、高齢者の方がカフェを利用なさることへの癒し、生活の潤いにどう職員がかかわってきたのかがあります。


この手法は、問題解決に向けての姿勢創り、体制づくりというゴールと、もう一つは、ケアをする側の心を育てることの2つを達成するねらいがあります。

手法の中で、うまく進まなかった箇所が、すなわち、自分たちのウイークなところと明確に分かります。どこでつまっているのか、アドバイスをしながら、私も日々、勉強です。

各事業所さまからの発表後、接遇の演習を致しました。今回は、江戸時代の接遇についてです。越後屋さんの想いからひも解いていきました。

越後屋さんの店内風景です。接遇はここから。

お昼は、「先生、お刺身お好きでしたよね」と、地元でも評判のお店に連れて行って下さいました。

親子海鮮丼 ♪ 大盛り〜。

とても美味しゅうございました。内陸県に住む私には、最高の食材です。ありがとうございます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031