9月21日

いつも「しのぶろぐ」を訪問下さりありがとうございます。「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


四連休の半ばは朝から、京都駅から8時の新幹線に乗り、茅ケ崎へ出張です。

私がいつも指定する11号車。車両が他の号車よりも短く、こじんまりした雰囲気と多目的室やトイレなど設備が充実しています。今日もガラ空きでした。
ここ何ヵ月か、富士山の山頂が見れなかったのですが、今日は、顔を見せてくれました。富士山を見ながらのテニス、参加したいわ。ダブルスのルール、知らないけど。

さて、茅ケ崎駅直結のビルの一室で、リフシアさまの一年間の振り返りと先月の接遇プレゼン大会の表彰式が行われました。

表彰会場にはすでにオシャレなトロフィーが並んでいました。

今期は素晴らしく、どれも優劣がつけにくく、最優秀賞以外に、優秀賞が2つから3つになりました。

各所長の方から一年を振り返りと今後の期待など発表がございました。
今回、最優秀賞をとった事業所の発表です。さすが、冷静に評価なさっています。

どちらの所長の方も接遇委員の成長をともに歓び、「○○さん、ありがとう」と口々におっしゃっている姿がとても心に響きました。「現場への浸透」「全員参加」を達成させるために問題解決手法を用いて参りました。成長ということばを聞くと、とても嬉しい気持ちになります。

一年を振り返り、仕事の棚卸しをすることは、次への気持ちの切り替えやモチベーションにも大いに有効です。

来期からは、この手法を継続しながら、毎月一度、接遇の研修を実施致します。問題解決手法は、解決すべき問題があって成立します。「問題」とはあるべき姿やゴールと現状とのギャップです。あるべき姿が見えていないと「問題」は生まれないのです。接遇の研修を重ねていくことで、あるべき姿を深く知っていただこうと思います。

配膳のマナー、排泄時のマナー、入浴時のマナーなどのマナーも含めたクイズ、演習を組み合わせて「あるべき姿」をお話して参ります。

表彰された方々と社長さんと皆で記念撮影です。

接遇のみならず、ケアに関する発表が、関東甲信越部門で1位を獲得していらっしゃるリフシアさまです。『地域で一番の事業所』を目指して、来期も頑張って参ります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031