10月6日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。

「とにかく分かりやすく接遇をお伝えし、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


秋めいて来ましたね。この時期は、週末になると愛犬と家族とで近くに出かけます。自然豊かなカントリーにいて、自然を愉しまないのは、もったいないの極みです。

秋を告げる代表的な花である「彼岸花」
典型的な里山風景が続くあぜ道をぶらぶらと歩きます。
何とも可愛らしい、ホタル草に似た「岩シャジン」
お星さまのような「マルバルユウソウ」

中学生の頃に読んだ本の中に「雑草と言う名の花はない。どれもちゃんと名前がつけられてあり、それは存在を認めているということである。」と書かれてあり、なるほどなと思った記憶があります。

たまにケアマネさんが、ご本人の前で「おばあちゃん」だの「おじいちゃん」だの呼んでいることがあります。その方が高齢者の反応が良いということもあり、気持ちは分からなくもないのですが、その人に合ったケア、個人を観るシゴトに携わる人が、高齢者の総評で呼ぶことは、違和感があるのです。野に咲く雑草と呼ぶのと同じ感覚です。


水引き。今は印刷物で見ることが多いのですが、昔はこれを使っていました。
のんびり歩いて40分くらいで沢に到着。クマが出ないか心配でもある。
ドドド~ッという音が心地よい。
浅いところが大好きなきなこ。水は苦手らしい。

この場所に来ると「命」を感じます。林の中や田んぼ道を歩く傍ら、木々の成長や倒木であったり、虫の生死、草の成長など訪れる度に、どこかに変化があります。自然の中の時間の流れを肌で感じるごとに、命は限りがあり、尊いものと自然が教えてくれています。

安らかで、温かい気持ちになりつつ、のんびりと半日を過ごし、お弁当を食べて帰ってきました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031