» 2020 » 3月 » 1のブログ記事

お日柄もよく納車

| 未分類 |

3月1日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。

「とにかく分かりやすく接遇を伝え、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今日は、車の納車です。以前の車は、走行距離18万キロ。西は福岡、北は新潟まで一緒に走ってくれました。事故や故障もなく、お気に入りの車でしたが、そろそろ休ませることにしました。ずっと走ってくれてありがとうと思いながら最後の洗車をしました。

新しい車は、昨日の夕方、大垣市まで取りに行きました。易学の菱田先生に方位を観てもらい、そのまま自宅に納車せず、一晩、北東の場所に寝かせ、開いている方角から納車致しました。以前の車と操作が違いますので、帰り道、戸惑いながら、夜の道をゆっくり下道で帰ってきました。

赤い車から白い車に変わりました。積雪地域ですので四駆です。

スイッチがいっぱいで、何がなんやら状態です。乗りこなすには時間がかかりそうですが、前の車同様に、大切に使いたいと思います。

ボケの花と京雛

| 未分類 |

2月26日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。

「とにかく分かりやすく接遇を伝え、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


今朝、ずっとつぼみのままだったボケの花が開花しました。思っていたより淡い色合いでとてもキュートです。

梅の花に似ています。

シゴトの前に、お雛様を飾りました。我が家の雛は、三人官女は昭和元年作、男雛と女雛は明治時代に作られた、いずれも京雛です。京都の旧家にずっと保管されたいたようで、保存状態もよく、ご縁あって我が家に来たものです。

お顔立ちは、やはり古いものですので、昔の古風な感じが致します。細面に切れ長の目、おちょぼ口。何度見ても飽きませんね。平安時代に、女児の身体の悪い部分を人型に切った紙に触れさせ、水に流す風習から、雛人形が生まれました。現在は身代わりの役目はありませんが、女性にとってやはり、お雛様は特別の意味があるように思います。

100年間、蔵の中に眠っていたものですが、保存状態がとてもよく、お着物も新品のようです。

2月26日

いつも『しのぶろぐ』を訪問下さりありがとうございます。

「とにかく分かりやすく接遇を伝え、現場を笑顔に変える接遇ナビゲーター」濱島しのぶでございます。


コロナウイルスの影響で、新幹線も宿泊先のホテルも人影がいつもより少ない気がいたします。一日も早い終息を祈ります。


さて、午前中はいつもの通り、各事業者様からの活動報告でございます。特性要因図から対策立案、そして実施の流れをアドバイス致しました。問題に対する要因をいかに細かく分析できているかがポイントです。次の対策立案が具体的に動けるまで、詰めていくと、活動がスムーズに流れます。

皆様、徐々にコツを掴んできていらっしゃるように思います。目標100%を達成なさった事業所もあり、とても、勉強して下さっていることが、毎回、よく分かります。ありがたいことでございます。

午後は、現場のラウンドです。施設の玄関先にお雛様が飾ってあるのですが、何と、ウイルス対策でしょうか、マスク着用でした。なんとも、ほのぼのとした様子ですね。さて、週末までに報告書を作成します。

高齢者の方々に大切にされているお雛様です。

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031